トップイメージ
  1. トップページ
  2. ライブラリー
  3. 会計・税務の著書

会計・税務の著書

ビジョナリー会計の戦略と実務 「企業存続100年」会計が創る黒字経営の羅針盤
ビジョナリー会計の戦略と実務 会計がわからない経営者は失格である!  企業にとって最も大切なテーマは「存続」に尽きる。「存続」とは「存在価値」を「継続」することでもある。会計を理解せずして「正しい経営」は実行できない。会計・経営に40年以上携わった著者が、未来志向型・先見型・卓越型の「ビジョナリー・カンパニー」になるための「ビジョナリー会計」を解説する。  本書は、「財務・経営の眼危機力(めききりょく)」である「多眼力」「本眼力」「先眼力」の3つの力を駆使した戦略アプローチを豊富な図解で示し、健全に企業が「存続」していくための「正しい経営」へと誘う。  あなたの会社を「ビジョナリー・カンパニー」に導く本。

詳細はこちらから
会計のプロが教える 経営に強くなる本
会計のプロが教える 経営に強くなる本 川崎市にある小さなメーカーの二代目社長は、創業者の父が4年前に他界したため、サラリーマンを辞めて会社を継いだ身。ところが、前期3000万円、今期も5000万円と、2期連続で赤字を計上。しかし、製造も営業も経理も父親の代からの番頭たちに任せきりだったので、赤字の原因を正確につかむことができない。どうしたら赤字経営から脱却できるかの知恵も出てこない。そんなとき、たまたま入会したロータリー・クラブで出会った税理士に「あなたの会社はユデ蛙経営ではないか」と指摘される。危機が迫っているにもかかわらず、革新も創造も怠っているというのだ。そこから二代目社長の奮起が始まる。経理の基本とは? 決算とは? 経営理念とは? リスクマネジメントとは? 会社を建て直すのは、社長か、社員か、外部の人間か。いつのまにか主人公と一体化することで経営の勉強ができてしまう本。ベストセラー『ザ・ゴール』に匹敵する面白さ。

詳細はこちらから
経営のたすきの渡し方
経営のたすきの渡し方 第1章 “経営の襷”をつなぎ続ける(事業リスクは目の前にあった!
経営はゴールのないマラソンリレー ほか)
第2章 後継者の選択(後継者は誰にするか?
経営者のリーダー学(ひな鳥を育てる) ほか)
第3章 社内体制を整える(会社幹部の結束と理解をはかろう!
自分の会社を診断しよう! ほか)
第4章 株式の整理と自社株評価(まぼろしの株主発見!
株式はいろいろな顔を持つ怖いもの ほか)
第5章 相続税対策と遺言(オーナーの財産評価と相続税を試算したら
納税資金をどう捻出するか? ほか)

詳細はこちらから
Copyright (C) 川崎・横浜の税理士事務所 税理士法人創新會計 All Rights Reserved.