トップイメージ
  1. トップページ
  2. ライブラリー
  3. 豆知識

豆知識

豆知識(11月)セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。
※一定の取組とは、人間ドックやインフルエンザの予防接種など法令に基づき行われる健康の保持増進及び疾病の予防への取組をいいます。

これにより、医療費控除の適用にならなかった場合についても、健康維持に努めた方で一定の条件を満たす場合であれば、控除を受けることができるようになります。
ただし医療費控除、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を二つ同時に申請することはできませんので、どちらかを選択することになります。

・年間治療費が10万円(又は課税標準の5%)を超えた場合 → 医療費控除
・OTC医薬品の年間購入額が12,000円以上で10万円に満たない → セルフメディケーション税制

◎セルフメディケーション税制に係る医療費控除額の計算方法
セルフメディケーション税制控除を申請する場合には、通常の医療費控除同様、確定申告が必要です。

セルフメディケーション税制の適用を受けるためには、健康の維持増進及び疾病の予防への取組を行ったことを明らかにする書類を確定申告書に添付するか、又は確定申告書の提出の際に提示する必要があります。
(1) インフルエンザの予防接種又は定期予防接種(高齢者の肺炎球菌感染症等)の領収証又は予防接種済証

(2) 市区町村のがん検診の領収証又は結果通知表

(3) 職場で受けた定期健康診断の結果通知表
※結果通知表に「定期健康診断」という名称又は「勤務先名称」の記載が必要です。

(4) 特定健康診査の領収証又は結果通知表
※領収証や結果通知表に「特定健康診査」という名称又は「保険者名」の記載が必要です。

(5) 人間ドッグやがん検診を始めとする各種健診(検診)の領収証又は結果通知表
※領収証や結果通知表に「勤務先名称」又は「保険者名」の記載が必要です。
Copyright (C) 川崎・横浜の税理士事務所 税理士法人創新會計 All Rights Reserved.