税務関係 豆知識

 

税務関係 豆知識(1月) 法定調書合計表、償却資産申告書

年末調整も終わり、ほっと一息ついている会社も多いと思います。
しかし一月も提出書類の多い月となっております。各社の事業形態によって必要とされる資料は異なりますが、代表的なものをご紹介致します。

【法定調書合計表】
所得税法や相続税法上などに、提出することが定められている資料のことです。

 1.  給与所得の源泉徴収票
 2.  退職所得の源泉徴収票
 3.  報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
 4.  不動産の使用料等の支払調書
 5.  不動産等の譲受けの対価の支払調書
 6.  不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書
 7.  利子等の支払調書 等

  が挙げられます。


【償却資産申告書】
償却資産税とは固定資産税のうち、償却資産に課せられる税金です。
毎年1月1日に所有している償却資産について、個人、法人を問わず申告しなければなりません。 課税対象となる償却資産とは、事業用の固定資産で、法人税法や所得税法で減価償却費が損金算入されるものです。(ちなみに土地や家屋、自動車車両などは課税対象になりません)
具体的には、門、弊、看板等、各種製造設備、機械式駐車設備等、パソコン、理美容機器等です。
逆に、以下のような資産は課税・申告の対象から除かれますので、注意が必要です。

 ・自動車税、軽自動車税の課税対象となるべきもの
 ・無形固定資産 (例:アプリケーションソフトウェア、特許権、実用新案権等)
 ・繰延資産 等

法定調書合計表と償却資産申告書の提出期限は1月31日(1月31日が休日の場合はその翌日)までとなっております。
忘れずに提出をお願い致します。

バックナンバーはこちら