今月の言葉

今月の言葉(6月)第179回 『信念の魔術』を信じて

 “あなたは信念をもって生きていますか?” “あなたの信念とはなんですか?”などと聞かれたらどのように答えますか。
人は成長するにしたがって、なにかしらの信念を持つようになります。なかには自分には信念のようなものはないと言われる方もいます。しかしながら信念を持たない人などはいません。
信念とは自分の考え方や行動、さらには願いを果たすための原動力にもなる、いわば“自分の源泉”となるものだと思うからです。

 C・M・ブリストル著の「信念の魔術」の文中には「万物はわれわれの思考の産物」と書かれております。現代において完成された価値ある物はみな多かれ少なかれ創造的な思考の産物として産まれたものであります。現在普段から当たり前のように使っている携帯電話一つとっても、昔は手軽さや利便性において今とは考えられないほど不便なものでしたが、試行錯誤を繰り返しながら時代ともに急成長してきました。この努力と思考をもたらしている根本的な力こそが「信念」だと思います。信念が重要なものであるというのは、その急成長の速さからも容易に想像できます。

 仕事をしていくなかには、障害となる壁が立ちはだかることがよくあります。これをどのように越えていくかにより結果も自ずと変わってきます。そしてその壁を乗り越えるのに必要な力もまた「信念」なのです。確固たる信念を持つ人は誰かに言われて何かをするのではなく、自発的に行動を起こすものです。この自らが信じる信念をもって突き進むことこそが、自らの成長へとつながり、創造的・革新的な仕事(つまり創新)へとつながっていくのだと思います。

 昨今の厳しい情勢の中、自分の信念を貫き通すことは容易なことではありません。であっても諦めずに自分を信じる強い心が真の成功へとつながるのではないかと思います。私も自分の信念を胸に日々精進して参りたいと思います。


(文責:山口 遼)

Menu